人気ブログランキング |

晴漕雨読、ときどき山林

kazukyonn.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今すぐにでも走りだしたくなる

「脳を鍛えるには運動しかない!」 ジョンJレイティ

アマゾンのおすすめで気になったので読んでみた一冊。
ボーントゥランに関連しての本。

経験的に散歩するといいアイデアが浮かんだりするのは知っていました。
でも、それ以上に運動が脳に働きかける効果がこんなにあるとは・・。

学力向上。
これは仕事の効率アップに通じます。

鬱、老化、妊娠。
こんなところへも運動は効果があるそう。

イメージ的な話ではなくて、実際のマウスや人間の実験結果を引用しての説明だったので、説得力抜群。
散歩、走る、エアロバイク、縄跳びでもいい、とにかく身体を動かすことが脳の活性化へつながる、という話。

ラクな運動よりも、ちょっと負荷のある運動を織り交ぜたほうが、効果があるとか。
全力疾走や最大に動かせる80%の負荷をかけた筋トレとか。

これは狩猟民族として動物を狩っていた人間の進化にかかわっていること。
(ボーントゥランでも同じことを言ってましたね)
長時間走ること、全力疾走することで脳が活性化して記憶力が高まったりする。

急流のカヤックはADHDで特に効果があると言ってました。
命の危険にかかわる状況で複雑な動きをすることで、脳内でいろんなものができるらしい。

自分の経験に照らし合わせてみると、ぼんやりした朝でもカヤックで川へ乗り出してちょっと漕ぐと気持ちが晴れやかになります。
急流を漕ぎ下るのは頭の中が真っ白になるのが、脳内に好影響を与えているのかな、とも思います。
焦って心拍数が上がるのもまた、脳内物質がいっぱい生成されていそう。

だからちょっと怖いくらいのほうが充実感が出てくるのかも。
簡単なのんびりとした川下りだと、この充足感は感じられないですからね。

スポーツマン=さわやか
の図式はあながち間違いではないんですね。
たしかに継続して運動している人って、(40歳を過ぎると特に)表面に出ているオーラが違うかんじがします。

この本を読んで、さっそくランニングシューズを買おうかと思ってしまった。
これを読むと走りだしたくなります、きっと。

ちょっと小難しい部分もあるけれど、読み飛ばせばいいかな。
良書。
by megumi510 | 2010-08-18 22:01 | 読書

最近、欲しいモノ

最近、欲しいなーってものができました。

ネコみたいにしっぽが欲しい。

うれしいときはぴーんと上げてみたり。
不安なときはふにふにと振ってみたり。
怖いときにはまたの間に下げてみたり。

いいな、いいな、しっぽはいいな。
by megumi510 | 2010-08-11 23:57 | 雑談