人気ブログランキング |

晴漕雨読、ときどき山林

kazukyonn.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アメリカ人らしい

「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」 ランス・アームストロング

アマゾンのおすすめに出ていたので、読んでみた。
自転車ものは、「銀輪の覇者」「サクリファイス」など、案外読んでいる。
なので、自転車レースの知識は、ばっちり。

作者は、ツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたことのある、選手。
若い頃からめきめきと才能を伸ばし、21歳でアメリカのチャンピオンとなります。
その絶好調のときに、ガンにかかるのです。

自転車競技についても書いているのですが、この本のほとんどは、ガン闘病記です。
その治療がすごい。
アメリカっぽいなー、思ったのです。

まず近くの医者に診てもらって、その病気の権威を探して話を聞き、ほかにもいい先生がいればまた話を聞き、といったかんじで、とにかく自分で調べて、いろんな医者の意見を聞いて、その中で治療方法を自分で選んで受ける・・といったかんじ。


アメリカでは、患者と医師が対等の関係にあるようです。
それが本来の形ですが、こんな診てもらい方は、あまり日本では見られないと思う。
リスクを理解しないまま、知らないクスリを飲み、治療を受ける、アメリカに比べると、そんな傾向にあると思う。
どちらが悪いとは、一概には言えないのですが。

生還率3%のガンを克服して、しかも自転車レースの最高峰、ツール・ド・フランスで優勝しちゃうなんて。
事実は小説よりもずっとずっとドラマチックなのでした。

ガンにかかったときに切り捨てたチームを見返すところなんて、フィクションなら「ありえないでしょ」なんて冷ややかに思ってしまうのだけれど、実際に起こったことなんだもんね。

ツール・ド・フランスをちゃんと見てみたいなー、なんて思ったのでした。
by megumi510 | 2008-06-30 23:57 | 読書

久々のラブストーリー

「カフーを待ちわびて」 原田マハ

沖縄のとある島が舞台の恋愛小説。
以前から気になっていたのですが、和歌山の本屋で目にして、読んでみました。

ちょうど梅雨時から始まって、今の季節にぴったりの話でした。
しかも、和歌山のむんむんとした空気が一層、雰囲気を盛り上げます。

右手がちょっと不自由な若者が主人公。
そこへ絵馬を見て「お嫁さんにしてください」と手紙が届く。

沖縄の自然、風習、土地の観光開発などをからめながら、物語はすすんでいく。

なぜこんな美人が、見知らぬ男のところへお嫁に来ようとするのか・・?
不信に思いながら読み進む。

恋愛小説って、あまり成功していないものが多いのですが、この小説はなかなかよくできています。
最後までぐいぐいと読み進まずにはいられません。

読み終わったあとは、さわやかな気持ちになれます。
おすすめ。
by megumi510 | 2008-06-25 23:37 | 読書

和歌山はいいところ4日目

熊野古道トレッキング。

天気はすっかり回復。
晴れもせず、ちょうどいい気候でした。

幸い、刺されたところは処置がよかったせいか、一晩寝たらすっかり治ってしまいました。
なので、早朝お風呂へ。
ここは温泉かけ流しで、24時間いつでも入れるのです。

またまたおいしい朝食のあと、トレッキングへ。
のんびりダラダラ歩きました。
ウグイスの声を聞きながら、景色を楽しみました。

本宮で解散のあと、上野さんと話していたら、こちらへ走ってくる若者が。
なんと、なんとせいりゅう君!
四国のお遍路さんのあと、高野山から熊野古道を歩いて、ちょうどこの日に本宮へ着いたとか。
なんていう偶然!
一日早くても遅くても、出会うことはなかっただろうね。
旅の話をしばしする。
なんだか、お遍路さんも楽しそうだ。

そのあとは東京へ。
翌日昼頃到着しました。
休憩した時間を含めて、20時間。
ふいー。

ネコ当番をしてくれていたK林さん、ありがとう。
ティッシュはプリプリに太っていました。
甘えてご飯を食べまくってたなー、こいつ。
by megumi510 | 2008-06-23 23:59 | アウトドア

和歌山はいいところ 3日目

北山川ツアー 二日目。
朝はすんごい雨。

イカダ下りと同じコースを下る。
ここは11時からダムの放流が始まって、水が増えてくる。
イカダ下りとバッティングしないように、早めに川へ移動して、10時には川に浮かんでいました。

瀬は落差があって、楽しい。
瀬のあとには必ず瀞場があるので、泳いでも大丈夫。
途中、途中にはウエーブやホールがあって、遊びながら下ります。

昼食を食べたところは岩盤の形がおもしろい、開けたところ。
木々が倒れるように生えていて、水位が上がったときの水の威力を感じさせます。
なかなかいい景色。

前日からの雨で滝も水量を増してるみたい。
滝の周りに生えている花も、きれい。

あがる頃には晴れて、気持ちのいいお天気に。
熊野市駅へ電車利用のT山さん、otasさん、マロニーさんを送って、本宮へ移動。

湯の峰温泉「わだま」はご飯が最高においしかった。
温泉水を使ったお鍋は、味つけがなくても美味。

で、お風呂に入ろうとしたら、さささっと何かが足の上を通過。
そして激痛。
なんと10cmくらいのムカデに刺されたのです><。
ムカデって刺すんですね。
ムカデとサソリは同じ仲間なのかな?

すぐにアンモニア消毒して、毒を爪で押し出して、氷で冷やす。
温泉は泣く泣くおあずけ。
by megumi510 | 2008-06-22 23:49 | カヤック

和歌山はいいところ 2日目

北山川ツアー初日。

熊野市へ深夜バス利用で来ているマロさんを乗せて、北山川へ。
天気がよくて、暑い、暑い。

飛行機利用組と合流して川下り。
下流コースも水がたっぷりあって、楽しい。

おくとろ温泉へ入った後、民宿北山館にて宿泊。
夜は雨になって、大雨の予報も出ていた。
by megumi510 | 2008-06-21 23:46 | カヤック

和歌山はいいところ

6/19(木)に出発して、和歌山県熊野川支流、北山川ツアーへ行ってきました。
戻ったのが24(火)だったので、6日間の長旅。

和歌山は遠い、遠い。
わたしは長距離運転が苦手なので、丸一日かかって、ついたのは金曜の昼ごろ。
スタート地点、ゴール地点の場所を確認したあと、道の駅おくとろにてお昼ご飯。

ちょうど草刈りを終えた船頭さんたちが、昼食でやってきたところでした。
週末はバーベキューハウスになっている、屋根付きのところ。
晴れて外は暑かったのですが、そこは涼しい風が通って気持ちいい。

イカダ下りの船頭さんたちは、案外若い人が多かったです。
気持ちよく挨拶をしてくれて、好感度大。

話し掛けてくれた船頭さんは、千葉出身らしい。
ここ北山村では、町おこしで立って乗るイカダ下りが有名です。
よそから若い人を招きいれようと、住宅と仕事をあてがっているそうです。

昼食のあと、熊野市へ。
町へ下るのには、くねくねの、「このまま進んで大丈夫なのか」と不安に思うような道を通るのです。
夕方は車が皆無で、すれ違えるのかどうかわからないくらいに道幅が狭く、しかもガードレールもないし。
この道を夜中に通る自信はありません。

2車線になってほっと一息。
熊野市周辺を探索して就寝。
by megumi510 | 2008-06-20 23:37 | カヤック

鬼怒川探訪

7月に行われる、鬼怒川ツアーの下見に行ってきました。
今年は下流コースへ行きますよ!

下ったのは、約9km。
瀬も多くて、波も高いし、ものすっごく楽しいです。
沈しても、瀬のあとは瀞場なので、問題なし。
いい川です。

さくっと漕いだあとはお腹が減ったので、昼食に。
千門天という中華屋さん。

ランチの時間だったのだけれど、800円でかなりのボリューム。
わたしが注文したのは、しょうが焼き定食+半ラーメン。
あたりまえだけど、普通に1.5人前ありました。
マロニーさんの手助けが欲しかったです。

そして温泉へ。
川治温泉よりもさらに山奥の黒部温泉へ。

ここは単純に温泉しかない施設。
簡素なつくりの廊下を下っていくと、脱衣所と露天風呂があるだけ。
でも湯質がすごくいいです。
浸かっているときにはあまり感じませんが、上がったあとに温泉の匂い。

ちょうど夕立がきて、土砂降りの中、露天風呂に浸かりました。
んー、いいかんじ。

そのあとマンガなどを読んでうだうだしたあと、晩ご飯へ。
日光街道沿いの「すぱ屋
ピザうまー、パスタうまー、で大満足。
ここのピザはわたし好みの薄くてパリパリのピザ。
また行きたい!

鬼怒川周辺を満喫した一日でした。
by megumi510 | 2008-06-11 00:27 | カヤック

長瀞探訪

今日は用事があって、長瀞へ。
でも、オフと決めたので、カヤックには乗りませんでした。

で、今日のメインイベントが「埼玉県立自然の博物館」。
ファンテックのとなりにある建物です。

実は昔から地質学が好きで、岩石も好きなんです。
長瀞は地質学発祥の地、というだけあって、秩父をはじめ、近くでいろんな石が採れるのです。
長瀞独特の緑の岩も、秩父帯といって地球が生まれたころの古い古い層が地表に現れた、珍しいものなんですよ。

というわけで、自然の博物館はリニューアルしてから2度目なのですが、堪能しました。
岩がたくさん展示してあって、おもしろかった。
ん~、やっぱり図鑑よりも本物ね!

企画展もやっていて、「埼玉の生き物」でした。
こちらは昆虫の標本とか、鳥(タカの仲間)の剥製などがあって、なかなかおもしろかったです。

入館料たったの200円で、かなり楽しめます。
閉館が4:30と早めなのですが、時間があったら覗いてほしいな。

そのあと、今年の7月にオープンしたばかりの日帰り温泉「星音の湯」へ。

湯質は瀬音の湯に似た、トロッとしたかんじ。
若干暗緑色の濁りがあります。

建物は純和風なかんじ。
洗い場が少ないから、週末だとちょっと待ち時間があるかもしれません。

ここは上がったあとも楽しめます。
一人分に空間が区切られた仮眠室や、畳の大広間もあって、のんびりできます。

そして「ほんとのインド料理とカレーの店」へ。
ここはおいしいです。
何人かで何種類かのカレーを頼んで食べるのがベストかも。
おすすめ。

そんなこんなで、長瀞観光を満喫してきました。
by megumi510 | 2008-06-05 21:24 | 雑談

鳥沢、サイコー!

今日はいろんなところの水量をチェック!チェック!

御岳は、調布橋-2.13と、かなり多め。
長瀞は、玉淀ダム120トンちょっとと、これまたかなり多め。
大月が2.02とかなりよさげ。

ということで、今日は鳥沢ホールへ漕ぎに行きました。
昨日、あきる野方面へ行ったときに「上野原方面、土砂崩れで前面通行止め」となっていたの

で、圏央道をつかって鳥沢へ。
平日に高速乗るのって、久しぶり。
そういえば鮎解禁だったよね、交通費をかけて行って漕げなかったらどうしよう・・などと考えつつ、向かう。

そんなのは杞憂でした。
橋から見下ろしたら、パドラーが見えました。
鉄人さん、sugiちゃん、キミドリ2号さん、Masaさんが漕いでました。

待ちすぎず、早すぎず、ちょうどいい人数。
バウを刺しても当たらないので、たくさんループの練習をしました。
刺す、刺す、刺すぅ~。

ロールをたくさんやると、疲れるんですね。
今回は2時間足らずしか漕いでいないのに、へろへろになりました。
満喫しました♪

帰りは、つるつる温泉へ。
ちなみに、JAFカードを見せると、200円引きになってお得です。
バキバキになった身体がほぐれました。
by megumi510 | 2008-06-04 21:34 | カヤック

ご近所探訪

半日で講習が中止となったので、夕方から温泉へ出かけた。

昨年4月にオープンしたばかりの温泉、「瀬音の湯」。
ここは黄昏時に訪れるのがおすすめ!
橋を渡って、温泉へ続く道(ここもいい感じに整備されてます)を通り、たどり着くと、そこはなんとも幽玄な雰囲気にライトアップされた建物が現れます。

とはいえ、今回は4時ごろに行ったので、普通に明るかったですけど^^

800円で、2時間。

なんといってもいいのが露天風呂!
木々の合間に川を見下ろせます。
今回は増水気味で、眼下には刺すと当たりそうな(笑)ホールがあります。

湯質もなかなかよくて、トロッとしたかんじ。
かすかに硫黄のにおいもします。

帰りは、通りすがりに見つけた洋食レストラン「シオン」へ入ってみました。

今回はお店のおすすめの、サルベニア(ドライカレーの上にポークソテーが乗ってる)を食べました。
ほかにオムライスとかシチューとかもあったので、次回はそれも食べてみたい!
by megumi510 | 2008-06-03 21:12 | 雑談