晴漕雨読、ときどき山林

kazukyonn.exblog.jp
ブログトップ

テレマークスキー@関温泉 1日目

テレマークスキー、難しいながらも楽しい。

2/3(月)から7(金)まで関温泉へテレマークスキーの修行に行ってきました。
お世話になったのは、サーク
穏やかな語り口が魅力的な、久我さんのスクールです。
b0033639_00573721.jpg
初日は、春みたいにぽかぽか。
天気も良くて歩くスキーにはもってこいの一日でした。

***
この日は、ステップソールという、ブーツの裏側にあたる部分にウロコ状の溝があって、そのままで上れる板をお借りしました。
上りでは雪を噛む方向に溝があって上れて、滑る方向には雪が噛まないので、普通に滑れます。
ブーツの真下を踏まないと溝が効かないので、ちゃんと踏めてるかどうかがわかりやすいです。

その板で、赤倉観光スキー場付近を登ったり、歩いたり、滑ったり。
超楽しい!!!

前へ出した足に重心を載せ換えるのは、はっきり明確に!
そこが支点となって後ろ足を前へ繰り出して行ける。
これって、カヤックに例えると水のキャッチと一緒だな。

歩く延長にスキーで滑るのがあるっていうのが、すごくよくわかりました。

***

久我さんが斜面を滑っているのを見て、足を前後にしてバランスをとっていることを発見。
前後に足をずらしてみたら、安定する!
それまでは両足を平行にしていたので、どうしても前へつんのめってしまったのです。
この足の前後差を作ることが、カカトの浮くテレマークスキーを安定させるコツなのかな、と思ったのでした。

by megumi510 | 2014-02-03 18:24 | 雪遊び