晴漕雨読、ときどき山林

kazukyonn.exblog.jp
ブログトップ

日本人とマンガ

「日本辺境論」 内田樹

新書大賞2010だったので、読んでみた。
うーん、期待していたのとはちょっと違ったかな?

正直言って読みにくかった。
特に中盤は眠かったー。

辺境であるが故の「道」の発明についてはおもしろかった。
先達がいて、それを追う立場であることのメリット、デメリット。
開祖でない限りは免れる責任、ゆえに道を永遠に究めることを逃れる抜け道があるということ。

漢字+ひらがなの言語とマンガの関係についても、おもしろかった。
漢字は見たイメージの絵に近いもの、ひらがなは音を表す文字であること。
この二つの組み合わせの言語ゆえに、画+ふきだしのマンガが日本人にマッチしたのでは、という論。

途中だれるけど、さらっと読むにはいいのかも。
☆☆☆
[PR]
by megumi510 | 2010-04-24 00:54 | 読書