人気ブログランキング |

晴漕雨読、ときどき山林

kazukyonn.exblog.jp
ブログトップ

エッセイの女王

「女も、不況?」 酒井順子

新作が出たので、さっそく読みました。
この作者は、「負け犬の遠吠え」が有名。
内容を読まずに「負け犬」という言葉だけが一人歩きしちゃったのが、残念でした。

雑誌オリーブのコラムからのファン。
年代もちょうど一緒くらいだから、あるある、と共感できる部分が多いんですよね。

この本は、「その人独身?」という週刊現代で連載されたもの。
時事ネタも多いです。

そのとおり!と思ったのが、子供に混雑している電車で座らせるな、という話。
作者が目の前に立った老人に席を譲ろうとしたら、子供に譲ってしまった。
親子連れでも、荷物を持った母親は立ったまま、子供を座らせる。
それってどうよ?と問題提起。

目上の人を敬う、とかそういった視点がないのが問題なのだと思う。
子供の欲求をすべてかなわせることが子供のしあわせではないのだろうに。

コーヒーと蕎麦の話もおもしろかったです。
どちらも「道」がつくくらいに、探求する人がいます。
しかも男性がそうなりやすい傾向があります。
うんうん、なるほどー、と思わせます。

これら、なんとなく見過ごしていることがらに焦点をあてて考察する、作者の頭の中がとってもおもしろいです。
by megumi510 | 2009-04-07 21:32 | 読書