後藤めぐみの晴漕雨読

kazukyonn.exblog.jp
ブログトップ

初心者の気持ち

2/15(月)~18(木)まで、関温泉と赤倉へ、スキーをしにいってきました。
b0033639_07461336.jpg
(写真は、最終日の車のようす。2回の大雪で車の上に50cm越えの積雪!)

目的は、北琵琶湖でカヤックのアウトフィッター「グランストリーム」の大瀬さん、南伊豆でシーカヤックのアウトフィッター「サーフェイス」の武田くんに会うのと、テレマークスキーの練習。

テレマークスキーは一昨年にはまって、ちょっと滑れるようになってるかな?と思っていたのですが、すっかりリセットされていました(笑)

関温泉、赤倉のある妙高は、豪雪で有名なところ。
わたしが行く時にはいつも大雪を当ててしまうのですが、今回も初日から大雪。
初日、滑っている間の半日で車に20cmほど積もりました。

***

テレマークスキーは、踵が板から離れて歩きやすい構造のスキーです。
通常の踵が固定されているスキー(アルペンスキー)に比べて前へつんのめりやすいので、真ん中に乗る必要があります。
後ろに重心があると、モモが痛くなってしまいます。
真ん中に乗れていると、それほどツラくなく滑れます。

ゆるいところではまだ余裕があるのですが、斜面が急になると、あれもこれも気にしなくちゃいけないので、わわわーっとなっちゃいます。

大瀬さんや、週末カヤックの講習に参加された中村さんも話していましたが、まずは歩くこと。
静水の漕ぎこみが足りないのです。
静水のベースができていないのに、そこそこ漕げるからといって急流に出ても、余裕がないのと一緒なんですね。

ステップソール(ブーツの裏側部分だけウロコがついていて、登れるスキー)でたくさん歩くと、ほんとうはいいんだろうなぁ。
もっと歩いて登るスキーをやりたいと思った今年のスキー遠征でした。

[PR]
by megumi510 | 2016-02-18 07:38 | 雪遊び